取引(売買)用語

トップ > 取引(売買)用語


委託保証金[いたくほしょうきん]

委託保証金とは、信用取引を行う際に、投資家が証券会社に預託する保証金のことをいう。 委託保証金は約定金額の30%以上が必要である。 委託保証金は有価証券で代用することもできる。(=代用有価証券) ...

委託手数料〈株式売買委託手数料〉[いたくてすうりょう]

委託手数料とは、株式の売買を証券会社に委託した投資家が、売買の手数料として証券会社に支払う手数料のことをいう。 ...

受渡日[うけわたしび]

受渡日とは、株式や債券の売買をした後、売買代金の授受や株券や債権の受渡しを行う決済の日付のことをいう。 ...

売り建て玉〈売り玉〉[うりたてぎょく]

売り建て玉とは、株の信用取引などで売付けをしている銘柄のことを売り建て玉と言う。 ...

追い証・追証[おいしょう]

追い証(追証)とは、建玉や代用有価証券の価格変動により委託保証金が委託保証金維持率を下回った場合に、追加の保証金を預託しなければならないことをいう。追加保証金の略称 ...

大口取引[おおぐちとりひき]

大口取引とは、一株式銘柄に関しての売買代金が5000万円を越える取引所外取引のことをいう。 ...

オプション[おぷしょん]

オプションとは、一定期日までに決められた価格で売買する権利のことをいう。 一定期日までに決められた価格で購入する権利をコールオプションといい、 一定期日までに決められた価格で売却する権利をプットオプションと言う。 ...

オプション取引[おぷしょんとりひき]

オプション取引とは、一定期日までに決められた価格で売買する権利の取引のことをいう。 ...

貸株残[かしかぶざん]

貸株残とは、信用取引において未決済である売残のことをいう。 ...

貸株[かしかぶ]

貸株とは、信用取引において証券会社が顧客に貸し付ける株式のことをいう。 ...

空売り[からうり]

空売りとは、証券会社や証券金融会社から株券を借りて売却することをいう。 (=信用売り) ...

規制銘柄[きせいめいがら]

規制銘柄とは、証券取引所や証券金融会社が信用取引に関した規制を行っている銘柄のことをいう。 ...

逆日歩[ぎゃくひぶ]

逆日歩とは、信用取引で株券の不足が生じた際に、信用取引の売り方が支払う金額、信用取引の買い方が受け取れる金額のことをいう。 証券金融会社が売り方にまわしている担保株が不足に陥った際に、生損保などの金融機関から株券を借りてきて売り方にまわすが、その際の借り賃のこ...

クロス取引[くろすとりひき]

クロス取引とは、一つの証券会社が証券取引所に同一銘柄、同一株数、同一価格で売り注文と買い注文を出し取引を成立させることをいう。 ...

現引き[げんびき]

現引きとは、信用取引における決済方法である。 買建てしている株式の決済時に、反対売買ではなく代金を支払うことで現物の株式で受け取る。 (=品受け) ...

現渡し[げんわたし]

現渡しとは、信用取引における決済方法である。 売建てしている株式の決済時に、反対売買ではなく売り付けた株式を渡して代金を受け取ることをいう。 (=品渡し) ...

裁定取引[さいていとりひき]

裁定取引とは、同じような値動きをする二つの商品で、割高な商品を売り、割安な商品を買い、割高・割安が解消された際に反対売買で収益を出す取引のことを言います。 日経平均の採用225銘柄を買い、日経平均の先物を売るなどの、証券の現物市場と先物などの派生証券の間での取...

差金決済[さきんけっさい]

差金決済とは、先物取引やオプション取引において、商品の受渡しをしないで買付け代金と売付け代金の差額の受渡しによって決済することをいう。 現物に関しては、証券取引法で差金決済は禁止されている。 ...

指値注文[さしねちゅうもん]

指値注文とは、株式の売買を行う際に、売り買いの価格を指定して注文を出すことをいう。 買い注文の場合は買い指値以下で取引が執行され、売り注文の場合は売り指値以上の価格で取引が執行される。 ...

自己売買[じこばいばい]

自己売買とは、証券会社が自己の勘定で株式、債券、為替などの取引を行うことをいう。 (≒ディーリング)(⇔委託売買) ...

しこり[しこり]

しこりとは、ある株価近辺で大量に売買が行われて、その後株価が下落した場合に、高値で掴んでしまい売れない投資家が発生する。 その後株価が売買が大量に行われた株価近辺に戻すと、高値で掴んだ投資家の売りが出てきてその高値水準をなかなか越えられないことがある。 そのよ...

品借り料/品貸し料[しなかりりょう/しなかしりょう]

品借り料/品貸し料とは、信用取引で不足株式を生保などの機関投資家から借りる調達料を「品借り料」という。 株式を貸す側である機関投資家が受け取る金額のことを「品貸し料」という。 ...

信用取引[しんようとりひき]

信用取引とは、投資家が証券会社に信用を供与してもらって行う株式取引のことをいう。 信用供与を受けるために投資家は証券会社に委託保証金を預託しなければならない。 ...

損切り[そんぎり]

損切りとは、損失を抱えている株式を売却することをいう。 ...

貸借取引[たいしゃくとりひき]

貸借取引とは、信用取引において、証券会社が一般投資家に資金や株券を貸す際に、証券金融会社から融資や借株を受けて投資家に資金や株券を貸すことを認めた制度のことである。 ...

代用有価証券[だいようゆうかしょうけん]

代用有価証券とは、信用取引における委託保証金として、現金の代わりに委託する有価証券のことをいう。 ...

建玉[たてぎょく]

建玉とは、信用取引・先物取引・オプション取引で売買をした後に、反対売買されず未決済のまま残っている玉のことをいう。 新規の買いを「買い建て」、新規の売りを「売り建て」という。 ...

担保掛け目[たんぽかけもく]

担保掛け目とは、代用有価証券の担保としての評価の比率のことをいう。 掛け目は有価証券の種類によって異なる。 ...

つなぎ売り[つなぎうり]

つなぎ売りとは、保有している株式の値下がりが予想された際に、保有株式を売却するのではなく信用取引で空売りをすることをいう。 ...

出合い[であい]

出合いとは株式の取引時に売り物と買い物が同数で一致して取引が成立することをいう。 ...

成行注文[なりゆきちゅうもん]

成行注文とは、株式の取引の際に、売買価格を指定せず、売りなのか買いなのか、数量のみを指定して注文することをいう。 (⇔指値注文) ...

ナンピン[なんぴん]

ナンピンとは、持ち株が下落した際に、平均買い単価を下げるためにさらに買い増すことをいう。 ...

バスケット取引[ばすけっととりひき]

バスケット取引とは、複数の銘柄をまとめてひとつの商品とみなして売買することを言う。 (=パッケージ取引) ...

日計り商い[ひばかりあきない]

日計り商いとは、一日の取引時間の間に、購入した株式を売却するような取引のことをいう。 株式委託手数料の自由化を機に一般の投資家にも広まっている。 (⇒デイトレーダー) ...

プットオプション[ぷっとおぷしょん]

プットオプションとは、対象商品を一定の期日までに、市場価格に関係なく一定の価格で売却することができる権利のことをいう。 (⇔コールオプション) ...

ヘッジ取引[へっじとりひき]

ヘッジ取引とは、現時点で保有している株式、或いは今後保有する予定の株式の相場変動によるリスクを回避するために、保有している株式、或いは保有予定の株式の反対方向のポジションを先物市場で取ることをいう。 ...

目先[めさき]

目先とは、短期的な視点のことをいう。 ...

約定[やくじょう]

約定とは、株式の売買注文が成立することをいう。 ...

ロスカット[ろすかっと]

ロスカットとは、先物取引などで、損失が一定の比率に達したときに、ポジションを強制的に決済してしまうことをいう。自動的に決済されるため損失が限定される。 ...


↑ページトップ