投資格言

トップ > 投資格言


あや戻し[あやもどし]

あや戻しとは、下げ基調にある相場が、一時的に少し上がること。 下げ基調に変わりはなく、大勢に影響のない一時的な相場の変動のこと。 ...

一段高[いちだんだか]

一段高とは、上昇傾向にある相場や株価が、相場や株価の支援材料の発表などの要因によりさらに上昇度合いを高めて一段高い状態になることをいう。 ...

往って来い[いってこい]

往って来いとは、株価が値上がりするが結局はまた元の株価水準まで下がってしまうこと、あるいは株価が値下がりするが結局は元の株価水準まで値戻しすることをいう。 ...

大底[おおぞこ]

大底とは、相場がこれ以上下落することはないだろうというぐらい下落した水準の相場状況のことをいう。 ...

大台[おおだい]

大台とは、株価の桁の変わり目のことをいう。 株価が大台に乗せることを大台乗せ、株価が大台を下回ることを大台割れという。 ...

織込み済み[おりこみずみ]

織込み済みとは、株価に影響を与えると考えられる材料が公表されても、株価に既に反映されており株価に影響がない状況をいう。 ...

地合い[じあい]

地合いとは、株式相場の状況を示す言葉である。 地合いがいい ・・・ 相場状況がいい 地合いが悪い ・・・ 相場状況が悪い ...

全面高[ぜんめんだか]

全面高とは、株式市場において、市場の銘柄が全面的に上昇することをいう。 (⇔全面安) ...

全面安[ぜんめんやす]

全面安とは、株式市場において、市場の銘柄が全面的に下落することをいう。 (⇔全面高) ...

底(底値)[そこ(そこね)]

底(底値)とは、相場が下落基調をたどり、株価が安値の水準にあることをいう。 ...

底入れ[そこいれ]

底入れとは、株式相場が下げ止まり、大底が確認された状況をいう。 ...

高値引け[たかねびけ]

高値引けとは、大引け(終値)の株価がその日の取引の中で最も高い価格で終わることをいう。 ...

提灯[ちょうちん]

提灯とは、自分の考えではなく、株価の動きや人の手口(とくに仕手)のマネをして売り買いをすることをいう。 ...

強含み[つよぶくみ]

強含みとは、相場の状況が良く、値上がりの気配が強い状態のことをいう。 ...

面合わせ[つらあわせ]

面合わせとは、株価が過去の安値、或いは高値と同じ価格になることをいう。 (=顔合せ) ...

手掛かり難[てがかりなん]

手掛かり難とは、相場の売り買いのきっかけとなる材料が出ず、相場の変動がない状態のことをいう。 ...

手詰まり[てづまり]

手詰まりとは、相場の売り買いのきっかけとなる材料が出ず、相場の変動がない状態のことをいう。 ...

出直り[でなおり]

出直りとは、下落していた相場が反転して堅調に推移している状態のことをいう。 ...

投げ[なげ]

投げとは、持ち株が予想に反して下落した際に、損失を覚悟で売ることをいう。 ...

人気買い[にんきがい]

人気買いとは、業績などの裏づけでなく、上昇していて人気があるという材料で株価を買うことをいう。 ...

抜く[ぬく]

抜くとは、株価が上昇して節目となる価格を越えることをいう。 ...

値頃[ねごろ]

値頃とは、株式を売買するのに適した価格のことをいう。 価格が値頃かどうかは、投資家の相対的な判断の元に決められることであり絶対的な基準はない。 ...

反騰[はんとう]

反騰とは、下落していた相場が、反転して上昇に転じることをいう。 ...

反発[はんぱつ]

反発とは、下落傾向にあった相場が、上昇に転じることをいう。 ...

反落[はんらく]

反落とは、上昇傾向にあった相場が、下落に転じることをいう。 ...

踏みあげ[ふみあげ]

踏みあげとは、株価が上昇して損失を膨らませた信用取引の売り方が、買い戻しをすることでさらに株価が上場することをいう。 ...

棒上げ[ぼうあげ]

棒上げとは、相場が一本調子で上昇を続けることをいう。 ...

棒下げ[ぼうさげ]

棒下げとは、相場が一本調子で下落し続けることをいう。 ...

暴騰[ぼうとう]

暴騰とは、株価が急激に上昇することをいう。 業績発表、新製品発表、提携発表などの様々な材料のサプライズ度合いによって起きることがある。 ...

暴落[ぼうらく]

暴落とは、株価が急激に下落することをいう。 業績の大幅な下方修正、提携解消などの様々な材料のサプライズ度合いによって起きる。 ...

弱含み[よわぶくみ]

弱含みとは、相場状況がなんとなく弱い状態のことをいう。 ...

連想買い[れんそうがい]

連想買いとは、上昇した銘柄と関連性のある銘柄が買われることをいう。 例えば業績を上方修正して株価が上昇した不動産銘柄があるとします。その際に、同業種の不動産銘柄も同時に業績がいいのではないかと連想されて買われていくようなケースがよく見られます。 ...


↑ページトップ