裁定取引[さいていとりひき] | 株式投資用語

トップ > 取引(売買)用語 >裁定取引[さいていとりひき]

裁定取引[さいていとりひき]

裁定取引とは、同じような値動きをする二つの商品で、割高な商品を売り、割安な商品を買い、割高・割安が解消された際に反対売買で収益を出す取引のことを言います。
日経平均の採用225銘柄を買い、日経平均の先物を売るなどの、証券の現物市場と先物などの派生証券の間での取引が活発です。
(⇒アービトラージ取引)



↑ページトップ