逆日歩[ぎゃくひぶ] | 株式投資用語

トップ > 取引(売買)用語 >逆日歩[ぎゃくひぶ]

逆日歩[ぎゃくひぶ]

逆日歩とは、信用取引で株券の不足が生じた際に、信用取引の売り方が支払う金額、信用取引の買い方が受け取れる金額のことをいう。
証券金融会社が売り方にまわしている担保株が不足に陥った際に、生損保などの金融機関から株券を借りてきて売り方にまわすが、その際の借り賃のことである。



↑ページトップ