あ行

トップ > 50音から探す > あ行


アクティブ運用[あくてぃぶうんよう]

アクティブ運用とは、インデックスと比較して相対的に高いパフォーマンスを目標とする運用手法のこと。 インデックスに含まれている企業と異なるポートフォリオで運用する。 ...

アービトラージ取引[あーびとらーじとりひき]

アービトラージ取引とは、同じような値動きをする二つの商品で、割高な商品を売り、割安な商品を買い、割高・割安が解消された際に反対売買で収益を出す取引のことを言います。 日経平均の採用225銘柄を買い、日経平均の先物を売るなどの、証券の現物市場と先物などの派生証券...

あや戻し[あやもどし]

あや戻しとは、下げ基調にある相場が、一時的に少し上がること。 下げ基調に変わりはなく、大勢に影響のない一時的な相場の変動のこと。 ...

安定操作[あんていそうさ]

安定操作とは、有価証券の募集や売り出しを円滑に行うために、一定の要件に従って株価の買支えなどの売買取引を行うこと。 ...

委託保証金[いたくほしょうきん]

委託保証金とは、信用取引を行う際に、投資家が証券会社に預託する保証金のことをいう。 委託保証金は約定金額の30%以上が必要である。 委託保証金は有価証券で代用することもできる。(=代用有価証券) ...

委託手数料〈株式売買委託手数料〉[いたくてすうりょう]

委託手数料とは、株式の売買を証券会社に委託した投資家が、売買の手数料として証券会社に支払う手数料のことをいう。 ...

板寄せ[いたよせ]

板寄せとは、株式の売買取引を決定する手法のことをいう。 始値、あるいは中断されていた売買の再開時の最初の株式の価格を決める際に使われる。 売り呼値と買い呼値の数量が一致した際に、優先順位に従って売買を成立させる。優先順位には価格優先原則と時間優先原則がある。 ...

一段高[いちだんだか]

一段高とは、上昇傾向にある相場や株価が、相場や株価の支援材料の発表などの要因によりさらに上昇度合いを高めて一段高い状態になることをいう。 ...

イールドスプレッド[いーるどすぷれっど]

イールドスプレッドとは、長期金利(10年物国債利回り)から株式益利回り(1株当たり当期利益÷株価)を引いて求められる値のことをいう。 株価水準が割安であるのか、割高であるのかを判断する指標として使われる。 ...

往って来い[いってこい]

往って来いとは、株価が値上がりするが結局はまた元の株価水準まで下がってしまうこと、あるいは株価が値下がりするが結局は元の株価水準まで値戻しすることをいう。 ...

インカムゲイン[いんかむげいん]

インカムゲインとは、株式投資における現金配当、投資信託における収益分配金、債権投資や預金における受取利子のことをいう。 ...

インサイダー取引[いんさいだーとりひき]

インサイダー取引とは、投資判断に影響を与える情報(重要事実)が一般に公表される前に、該当会社の発行する株式などの証券の売買を行うこと。 「重要事実」とは新株発行、災害による損害の発生、業績の大幅な変動などであり、「公表」とは、二つ以上のマスコミに対して情報を公...

インデックス[いんでっくす]

インデックスとは日経平均株価、TOPIX、ジャスダックなどの株価を指数化したものである。 インデックスはそのインデックスにどのような企業を含めるかにより変わる。 ...

インデックスファンド[いんでっくすふぁんど]

インデックスファンドとは、日経平均株価、TOPIX、ジャスダックなどの平均株価指数と、ファンドの基準価格が同じ動きになるように運用を行うファンドのことをいう。 ...

売り気配[うりけはい]

売り気配とは、市場において、売り注文に応じた買いの注文がなく、値がつかない状態のことをいう。 (=ヤリ気配) ...

受渡日[うけわたしび]

受渡日とは、株式や債券の売買をした後、売買代金の授受や株券や債権の受渡しを行う決済の日付のことをいう。 ...

売り材料[うりざいりょう]

売り材料とは、相場や株価の下落を引き出す悪いニュースの事を言います。 ...

売出し[うりだし]

売出しとは、50人以上の不特定多数の人に対して、既に発行されている有価証券の買付け・売付けの申込みの勧誘を行うことをいう。 ...

売り建て玉〈売り玉〉[うりたてぎょく]

売り建て玉とは、株の信用取引などで売付けをしている銘柄のことを売り建て玉と言う。 ...

上値[うわね]

上値とは、現状の株価水準より高い価格帯のことをいう。 ...

上値抵抗線[うわねていこうせん]

上値抵抗線とは、過去の株価の上値と上値を結んで作られる線のことをいう。 株価の上昇が上値抵抗線に近づくと売りの圧力が増し、株価が下落に反転する傾向があります。 ...

運用報告書[うんようほうこくしょ]

運用報告書とは、ファンドの運用成果、資産内容、基準価格の動向、今後の方向性などを投資信託の顧客に報告する書類のことをいう。 決算期末ごとに顧客(受益者)に交付することが義務付けられている。" ...

運用会社[うんようがいしゃ]

運用会社とは、資産運用の指示を行う会社のことをいう。投資信託においては、投資信託委託会社が運用会社ということになります。 ...

エクイティファイナンス[えくいてぃふぁいなんす]

エクイティファイナンスとは、株式発行を伴う資金調達のことをいう。 新株発行、CB(転換社債型新株予約権付社債)、転換社債、第三者割当増資などがある。 (⇔デッドファイナンス) ...

エクスワラント[えくすわらんと]

エクスワラントとは、ワラント債の社債部分のことをいう。ポンカス債とも言われる。 普通社債と同様、定期的に利息を受け取ることができる。 ...

エコファンド[えこふぁんど]

エコファンドとは、企業の環境問題への取り組みを投資する際の選定基準に含めたファンドのことをいう。 ...

エマージング市場[えまーじんぐしじょう]

エマージング市場とは、アジア、中南米、東欧などの経済発展の途上にある市場のことをいう。 当該市場への投資は高い運用益が期待できる半面、政権交代、ハイパーインフレ、通貨暴落などの高いリスクもある。 ...

円建外債(サムライ債) [えんだてがいさい]

円建外債(サムライ債)とは、海外の政府や企業(非居住者)が日本の国内市場で円貨建てで発行する債権のことをいう。 円建てのため為替の影響を受けない。 ...

円貨建て債券[えんかだてさいけん]

円貨建て債権とは、利払いと償還が円建てで行われる債権のことをいう。 ...

エンジェル[えんじぇる]

エンジェルとは、創業初期のベンチャー企業に対して資金を提供する個人投資家のことをいう。 資金提供と同時に資金提供先の企業経営を積極的にサポートすることも多い。 ...

追い証・追証[おいしょう]

追い証(追証)とは、建玉や代用有価証券の価格変動により委託保証金が委託保証金維持率を下回った場合に、追加の保証金を預託しなければならないことをいう。追加保証金の略称 ...

大株主 [おおかぶぬし]

大株主とは、会社の株式を大量に保有する投資家のことをいう。 大株主のうち最も保有株式数が多い投資家を筆頭株主と言う。 ...

大底[おおぞこ]

大底とは、相場がこれ以上下落することはないだろうというぐらい下落した水準の相場状況のことをいう。 ...

大型株 [おおがたかぶ]

大型株とは、上場後6ヶ月以上経過した東証市場第一部の銘柄から選ばれる。 時価総額と流動性の高い上位100銘柄(TOPIX100の算出対象)のことをいう。 ...

大口取引[おおぐちとりひき]

大口取引とは、一株式銘柄に関しての売買代金が5000万円を越える取引所外取引のことをいう。 ...

大台[おおだい]

大台とは、株価の桁の変わり目のことをいう。 株価が大台に乗せることを大台乗せ、株価が大台を下回ることを大台割れという。 ...

大引け[おおひけ]

大引けとは、午後の立会いの最後の取引のことをいう。 ...

お化粧買い[おけしょうがい]

お化粧買いとは、株式の評価額を上げるために、決算期末に株式の買い注文が入ることをいう。 ...

オプション[おぷしょん]

オプションとは、一定期日までに決められた価格で売買する権利のことをいう。 一定期日までに決められた価格で購入する権利をコールオプションといい、 一定期日までに決められた価格で売却する権利をプットオプションと言う。 ...

オプション取引[おぷしょんとりひき]

オプション取引とは、一定期日までに決められた価格で売買する権利の取引のことをいう。 ...

押目買い[おしめがい]

押目買いとは、上昇トレンドの株価が、利食いなどで一時的に調整をしているときに買いを入れることをいう。 ...

オーバーアロットメント[おーばーあろっとめんと]

オーバーアロットメントとは、公募や売出しにおいて市場における需給の悪化を防ぐために導入された制度である。 公募や売出し数量を上回る需要があった場合に、主幹事証券会社が公募や売出しを行う企業の株主から一時的に株式を借り、公募や売出しと同一条件で追加的に投資家に販...

織込み済み[おりこみずみ]

織込み済みとは、株価に影響を与えると考えられる材料が公表されても、株価に既に反映されており株価に影響がない状況をいう。 ...

終値[おわりね]

終値とは、その日の最後に取引された値段のことをいう。 ...


↑ページトップ