トップ > 50音から探す > さ行 >


サイコロジカル・ライン[さいころじかる・らいん]

サイコロジカル・ラインとは、市場の心理的なラインのことであり、一定期間(12日間)のうちに株価が前日比でプラスの日数を数え、そのプラスの日数の比率によって相場状況を表すことをいう。 その比率は、75%(9勝3敗)以上であれば市場は過熱気味で売りであり、25%(...

裁定取引[さいていとりひき]

裁定取引とは、同じような値動きをする二つの商品で、割高な商品を売り、割安な商品を買い、割高・割安が解消された際に反対売買で収益を出す取引のことを言います。 日経平均の採用225銘柄を買い、日経平均の先物を売るなどの、証券の現物市場と先物などの派生証券の間での取...

サーキットブレーカー[さーきっとぶれーかー]

サーキットブレーカーとは、株式の変動幅が一定以上を越えて変動した場合に、相場を安定させることを目標として行われる。値幅制限や取引停止などがある。 ...

差金決済[さきんけっさい]

差金決済とは、先物取引やオプション取引において、商品の受渡しをしないで買付け代金と売付け代金の差額の受渡しによって決済することをいう。 現物に関しては、証券取引法で差金決済は禁止されている。 ...

指値注文[さしねちゅうもん]

指値注文とは、株式の売買を行う際に、売り買いの価格を指定して注文を出すことをいう。 買い注文の場合は買い指値以下で取引が執行され、売り注文の場合は売り指値以上の価格で取引が執行される。 ...

サムライ債[さむらいさい]

サムライ債とは、海外の政府や企業(非居住者)が日本の国内市場で円貨建てで発行する債権のことをいう。 円建てのため為替の影響を受けない。 (=円建て外債) ...

ザラバ[ざらば]

ザラバとは、立会いが開始される寄り付けと立会いが終了になる引けの間の時間、及び売買方法のことをいう。 ザラ場の取引では、株価は価格優先の原則、時間優先の原則に従って取引される。 ザラにある普通の場という意味から発生している。 ...


↑ページトップ