トップ > 50音から探す > た行 >


第三者割当増資[だいさんしゃわりあて]

第三者割当増資とは、特定の第三者に新株引受権を与えて、新株の発行を行う増資のことをいう。 新株の発行が特に有利な発行価格で発行される場合は、株主保護の観点から株主総会の特別決議が必要とされている。(商法第280条の2、第280条の10等) 第三者割当増資は業務...

貸借対照表[たいしゃくたいしょうひょう]

貸借対照表とは、企業の資産、負債、資本の一定時点での状況を表すものである。 決算時に提出することが義務付けられており、投資家の判断材料にもなる。 財務諸表の一つである。(損益計算書、キャッシュフロー計算書) (=バランスシート) ...

貸借取引[たいしゃくとりひき]

貸借取引とは、信用取引において、証券会社が一般投資家に資金や株券を貸す際に、証券金融会社から融資や借株を受けて投資家に資金や株券を貸すことを認めた制度のことである。 ...

貸借倍率[たいしゃくばいりつ]

貸借倍率とは、信用取引の貸借状況を示す指標をいう。 一般的に貸借倍率が大きくなると取引関係の悪化、小さくなると取引関係の改善を表すといわれる。 貸借倍率=融資残高÷貸株残高 ...

貸借銘柄[たいしゃくめいがら]

貸借銘柄とは、貸借取引が可能となっている銘柄のことを貸借銘柄という。 貸借銘柄は証券取引所と証券金融会社によって選定される。" ...

大納会[だいのうかい]

大納会とは、年末の最終取引日のことをいう。 通常は12月30日であるが、30日が土・日の場合はその直前の営業日が大納会となる。 取引時間は前場のみで終了する。 ...

大発会[だいはっかい]

大発会とは、新年の最初の取引日のことをいう。 通常は1月4日であるが、1月4日が日曜に当たる場合は1月5日、土曜日の場合は1月6日になる。 取引時間は前場のみで終了する。 ...

代用有価証券[だいようゆうかしょうけん]

代用有価証券とは、信用取引における委託保証金として、現金の代わりに委託する有価証券のことをいう。 ...

高値[たかね]

高値とは、一定の期間(一日、一週間、一ヶ月など)内で取引された最も高い値段のことをいう。 ...

高値引け[たかねびけ]

高値引けとは、大引け(終値)の株価がその日の取引の中で最も高い価格で終わることをいう。 ...

立会外取引[たちあいがいとりひき]

立会外取引とは、証券取引所の売買立会時間外に行われる株式の売買のことをいう。 東京証券取引所の場合は、 8:20分~9:00 11:00~12:30 15:00~16:30 の時間帯に行われる。...

立会外分売[たちあいがいぶんばい]

立会外分売とは、証券取引所の時間外取引で、大量の売り注文を細かくわけて売り出すことをいう。 証券会社は立会外分売をする際には証券取引所に届出を行わなければならない。 その上で立会い終了後に分売の条件を発表し、翌朝の買付けの申込みを受けて売買を成立させる。 ...

建玉[たてぎょく]

建玉とは、信用取引・先物取引・オプション取引で売買をした後に、反対売買されず未決済のまま残っている玉のことをいう。 新規の買いを「買い建て」、新規の売りを「売り建て」という。 ...

短期金融市場[たんききんゆうしじょう]

短期金融市場とは、取引期間が一年未満と短期の資金や金融商品を取引する市場のことをいう。...

単元株制度[たんげんかぶせいど]

単元株制度とは、一定株数を一単元として括り、証券取引所における売買単位とみなす制度のことをいう。 ...

単元未満株[たんげんみまんかぶ]

単元株未満株とは、単元株制度の導入後に、一単元に満たない株式のことをいう。 ...

担保掛け目[たんぽかけもく]

担保掛け目とは、代用有価証券の担保としての評価の比率のことをいう。 掛け目は有価証券の種類によって異なる。 ...


↑ページトップ